【細胞擬人化漫画】はたらく細胞感想!体の仕組みがよくわかる大人の知育漫画!

個別






またまた出ました。
読んでるだけで頭がよくなった気がするシリーズ。(ホントに気がするだけ)
聖☆おにいさん天地創造デザイン部、鬼灯の冷徹など。




作品概要

作者:清水茜
人間の体の中にある細胞たちを擬人化し
その細胞たちが体の中でどういった”仕事”をしているかを
描いたギャグ系漫画。
細胞たちの役割や病気などになる理由など豆知識が身につく。
かなりポップに描かれているので大人の知育漫画とも言える作品。






言わずもがな話題になった人気作品です。
アニメ化もしてるしスピンオフもたくさん出版されています。

・はたらく細菌
・はたらかない細胞
・はたらく細胞BLACK
・はたらく細胞フレンド
・はたらく血小板ちゃん
・はたらく細胞BABY

この作者どんだけ仕事するんでしょうか
はたらく細胞以外は監修という立場なので漫画を描いているわけではないですが
寝る時間あるんですかね
細胞以上にはたらいてますよ。きっと。

細胞がどうとか病気がどうとかいうと難しそうに思えますが
かなりポップに描かれているので何の知識もなくても楽しめる作品です
胃とか腸とかの順番もよくわからないアホな僕でも楽しめています

アニメのOPもかなり明るく楽しい曲です。

内容としましては
体の中にいる細胞がどんな役割があるかどんな仕事をしているか
を解説しながらおもしろおかしくオチをつける展開。

たとえば花粉症になったら人間的には鼻水、くしゃみ、涙がでるくらいの認識ですが
体の中ではB細胞が抗体をつくりマスト細胞がヒスタミンを分泌。
そのヒスタミンが鼻の知覚神経を刺激しくしゃみが出る。
さらに炎症がおこり鼻が詰まり、目の知覚神経を刺激し涙が出る。
といったそれぞれの細胞がどういったはたらきをし、症状が起きるのかを解説しています。
こう聞くと小難しく感じますが
アレルゲンと戦うためにバズーカで有効成分を分泌したり
くしゃみをロケットで表現したりと分かりやすくとっつきやすく表現しています。

また、扱うテーマも花粉症やインフルエンザなど身近な病気が多いので
なるほど性も結構高めです。

そしてやっぱり少年漫画らしく
凶悪な敵である、がん細胞と戦う白血球のような
少年の心をがっちりつかむ展開も用意されています。

子供に読ませてもいいんじゃないかな。
そして医療を志す人も読んだほうがいいんじゃないかな。
ブラックジャックの次に読んだほうがいい。

意外と知らない自分の体のことを知っていくのもいいんじゃないでしょうか。
気になる人はぜひ読んでみてください!



↓気になった方はコチラ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました